プリザーブドフラワースクール選び3

言わば本物と見まがうほどに花を加工したのがプリザーブドフラワーです。もともとはフランス生まれで、その後欧州で普及したものですが、近年は日本でもだんだん認知されるようになっています。このプリザーブドフラワーはウェディングブーケやインテリアに使われるほか、結婚祝いや誕生日祝い、出産祝いなどのギフトや贈り物として使われ、喜ばれています。花屋やプリザーブドフラワー専門店で購入できるほか、最近ではオリジナルのプリザーブドフラワーを作って楽しみたいと言う愛好家も増え、各地にプリザーブドフラワー教室やスクールが開講されています。ここでは自分もプリザーブドフラワーの作り方を習いたい、という方のためにプリザーブドフラワースクール選びのアドバイスに関してお話しています。
習い事で何を習うにせよ、お金のことを考えずにはいられません。幾ら学べる内容に高い価値があって、将来の実用性が高かったとしても、その習得に要する費用があまりに高いようではそれを学ぶことは困難でしょう。逆に言えばそれほどまで高い学費を支払うのなら、仕事や生活に存分に役立つ知識をしっかりと吸収しておきたいものです。いずれにせよ、学費として払う費用とそれで得られる効果、即ち費用対効果をしっかり見極める必要があります。少し話がそれましたがここではプリザーブドフラワーに関する会費について触れます。
皆さんがプリザーブドフラワーに関する資格を取得した場合、プリザーブドフラワー協会の殆どが資格取得をした会員に対して、年会費を設定しています。この年会費が協会の利益になっていて協会の運営に大きな影響を及ぼしていることもあります。プリザーブドフラワーに関してはプリザーブドフラワー協会が数多く存在していて、資格認定や宣伝、普及など様々な活動、及びサポートを行っています。ですが実際にはそうした内容に見合わないだけの高い年会費が設定されている協会も多く見受けられます。即ち実際には大したサポートも受けられない、しいてはその協会に入るだけの相応のメリットがないにも関わらず、協会の会費だけは高い、といったケースです。
例えば年会費が1万円の協会に所属すると、10年なら10万円という費用が出て行くことになります。当然20年ならその倍の20万円の年会費となります。
このように長い時間で見ればプリザーブドフラワー協会に入会した後の年会費もばかになりません。従って金額の面から見てもプリザーブドフラワーの協会選びには、慎重な判断が求められるのは言うまでもありません。

check

豊胸手術
http://www.fbc-bust.net/

最終更新日:2015/3/11